FC2ブログ

2014-06

NEW STIX

DSCF7074.jpg












日曜は、場所変わって吉野クライミングセンターにて練習会。



梅雨らしからぬ好天で、快適に汗かけました。












さて、一時欠品していた小道具類が入荷しました。
DSCF6112.jpg








そして、徳島の某H氏待望の・・・
DSCF7075_01.jpg










スカルパ

DSCF7088.jpg












スティックス

DSCF7083_01.jpg










このスティックス、1ヶ月ほど履き込んだ印象ですが、正直かなりイイです。
DSCF7092.jpg








今回新入荷のスティックスは、旧型からのリファインモデルという位置づけ。




旧型。
DSCF7095.jpg






旧型は、試し履きイベントで履かれたことがある方も多いのではないかと思います。
DSC_8293.jpg








旧型スティックスは、強いターンインとダウントゥを持った、同じスリッパモデルのインスティンクトSとは趣きの異なる攻撃的モデルとして登場しました。




きつめのスリングショット、独自のXテンションシステムが足先へと力を押し出し、
DSCF7066.jpg




押し出された足先をラバーで覆われたボリュームのあるトゥボックスが拇指球からつま先までがっちりと固め、
DSCF7067.jpg




それらが強いターンインとも相まってスリッパらしからぬ強力なエッジング性能を生み出していました。
DSCF7069.jpg






ただ、



「なにもスリッパでここまでガチガチにつま先固めなくても…」



…というのが正直な感想。




事実、そのエッジング性能と引き換えに、ソールの面を使ったスメアリングは少々やりづらい感じでした。



履く人を選ぶ、いわゆる少々とんがったモデルだったわけです。








…そんなこんなで、今回アップデートされた新型スティックス。
DSCF7084_20140615220630fcd.jpg






攻撃型スリッパという、インスティンクトSとは異なるスタンスを維持しつつも、かなり汎用性も意識した変化がうかがえました。




一見するとカラーリングの変更程度しか認識ができないものの、ディティール各部にはかなりの変化あり。



その変化によって、全く新しいシューズとして生まれ変わっています。








まずアッパーは、スエードだった旧型から、人工皮革であるマイクロスエードに変更。
DSCF7087_01.jpg






スエードはなじみやすいという利点はあるものの、反面伸びやすく、またその特性上製品ムラが出やすいのが欠点。



新型のマイクロスエードは、均一にきめ細かく、吸い付くようなフィット感が得られます。




また、この素材変更は軽量化にも貢献しています。



旧型の210gに対して新型は180g。


スカルパのシューズの中でも最軽量となっています。










そして、旧型に比べて抑えられたアッパーのボリューム。
DSCF7104.jpg






比較。けっこう違う。実際に履いてみるとその感覚の違いは歴然。
DSCF7063.jpg






旧型に比べると、足入れはかなり自然な感覚です。






スメアリングもやりやすくなってる。
DSCF7044_20140615220403277.jpg






先に出た、旧型から採用されていた機構。Xテンションシステム。
DSCF7103.jpg






これは、ちょうど土踏まず部分で『X』の字様に交差したラバーバンドがつま先、そしてかかとにも力を押し出すというもの。



また、ダウントゥのアーチ形状を維持するという、スポルティバで言うところのP3システム(PERMANENT POWER PLATFORM SYSTEM)と似たような機能も持っています。






そのXテンションシステム。新型はインスティンクトVSと同じカラーラバーへと変更。
DSCF7091.jpg






単に色が変わっただけでなく、フニャフニャだった旧型のそれと違って新型は少々硬め。



そのため、全体的に柔らかな仕上がりの中にも、しっかりとした剛性も感じます。








ソールはおなじみビブラムXSグリップ2の3.5mm。
DSCF7097_2014061602032957c.jpg






使ってみた感じでは、現行のスカルパのシューズの中ではシャンクは一番柔らかめなようです。






立ち込み方は旧型と少々変わる感じですが、サイドまで巻き上げられたXテンションラバーとそこからつながるように貼られたアッパーのトゥラバーによって、力を逃がすことなく結構シビアなエッジングにも対応できます。これは岩場でも好印象。
DSCF7037.jpg








ヒールは旧型に比べるとかなりコンパクトになりました。
DSCF7098_201406160205554ed.jpg






そして少し浅め。



インスティンクトS、ベイパーSと比べても浅めなことがわかります。


左からベイパーS、スティックス、インスティンクトS。
DSCF7100.jpg






このヒールカップが余るという方はあまりいないのではないかと。
DSCF7102.jpg






さらにスリングショットのテンションも弱められており、これもあってかなり履きやすくなっています。



ヒールフックの時に脱げないかと気になりましたが、マイクロスエードのピッタリと吸い付くようなフィット感の恩恵か、けっこうテンション強めのフック時にも脱げるということはありませんでした。
DSCF7050.jpg






ボリュームダウンされたヒールは、足首の自由度が上がったため、トゥフックにも好影響を及ぼしています。
DSCF7057.jpg








総じて旧型と比べるとバランスよく、シチュエーションをあまり選ばずに使えるうれしい1足となっています。










おススメサイズですが、インスティンクトSよりはハーフ上、ベイパーSよりは1つ上ぐらいが妥当ではないかと思います。




ただ当方、事情あってインスティンクトSと同じサイズを履いています。



同じサイズだと強いターンインとダウントゥで最初は少々痛みを伴い、『足パンパン』になりました…。



意外と馴染みは早くて現在痛みは皆無ですが、あまりおススメはいたしません。








サイズは、現在EURO37.5~42が入荷しております。
DSCF7107_20140616032754e5d.jpg






興味ある方は足を入れてみてくださいね。



TEAM5.10(Ver.2)的なシューズで幅広なものを探している方にはおススメできるかと。














ちなみにシューズは他にも各種入荷しておりますよ~。
DSCF7106.jpg


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

stoneo

Author:stoneo

南川添にできた高知初のクライミング施設「ストーンラブ」のブログへようこそ!
旭町に姉妹店もオープンしました!!


営業日・時間

月~木 14:00~22:00
土日祝 10:00~20:00

定休日 金曜日(祝日の場合は営業)


〒780-0082
高知市南川添1205
Tel/Fax 088-819-1250
※駐車場、エアコン完備。 
 こども用ウォールあり。
 未経験でも安心して始められます。

親子割、夫婦割もあり!!
お子さん向けのスクールもやっています。 ⇒ 案内


公式ホームページは>>>コチラ!



姉妹店オープンしました!!>>>ボルダリングスポット ストーンラブ






GoogleMapでみる[別窓]

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

クライミングって? (16)
料金案内 (4)
利用について (6)
駐車場について (4)
営業案内 (269)
商品紹介 (351)
試着会 (2)
本日の一本 (14)
キッズ (9)
コン〇 (13)
看板娘 (8)
NO SIGHT BUT ON SIGHT!! (28)
ワールドカップ (4)
イベント (9)
日々 (136)
JFA (9)
展示会 (8)
The Shot (14)
未分類 (22)
ダイエット (3)
ジム創り (27)

カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR