FC2ブログ

2013-08

休暇







プラスチックさわっても何も楽しくねぇ。










…とは、ある男の弁。






こういう感覚はときおり襲ってくるものであり…。


そして、間違った方向に進行すると 『登っても何も楽しくねぇ』 となっていく危険(?)もはらんでいます。



とはいえ、登ることを軸として生業にしている以上、そんなことは許されるわけもなし。




ツネナラヌバショデツネナラヌイワノボリヲ。










…というわけでやってきました。岩と雪の殿堂。
DSC_8656.jpg


DSC_8652.jpg


DSC_8661.jpg






今回は、四国内にある山岳会の合同合宿。


比較的年長の方々に交じるかたちで、飛び入り参加させていただきました。



2年ぶりに訪れた室堂は、絶好の山日和。




行き先は雲の示すとおり。
DSC_8666.jpg


DSC_8665.jpg


DSC_8675.jpg


DSC_8681.jpg


DSC_8695.jpg


DSC_8711.jpg


DSC_8716.jpg


DSC_8718.jpg


DSC_8730.jpg






剱御前着。一息。
DSC_8738.jpg



目当ての岩が見えかけています。
DSC_8736.jpg




ここからは下り。
DSC_8740.jpg



快適に雪渓も下り…
DSC_8747.jpg






着きました。2年前と同じBC(ベースキャンプ)、剱沢。
DSC_8753.jpg



とりあえず。
DSC_8756.jpg




ハイシーズン直前だけあって、テントはかなりの数。
DSC_8766.jpg




DSC_8759.jpg


DSC_8760.jpg


DSC_8767.jpg




ワイワイと食事準備。
DSC_8769.jpg






その後ろでは、剣から立ち上る雄気のような雲が、次第にその先から離れていこうとしています。
DSC_8775.jpg



DSC_8811_01.jpg




久々に見ました、この姿。立山連峰の雄、剱岳。
DSC_8811_03.jpg




立山信仰では『針山地獄』とされ、その名に恥じず、幾重にも連なる鋭い刃先を覗かせています。


今回登るのはその刃先の一つ。




この景色を見ながらこの曲を思い浮かべていたあの頃の自分をぼんやりと思い出してみたり…






その日は、その剱を肴に呑むという贅沢っぷりに気を良くしながら就寝。








2日目。AM3:00起床。
DSC_8789.jpg




しかし、あいにくの雨。結局この日は停滞となりました。




というわけで、朝の7時から赤いものに興じるという、下界であれば石投げられそうな1日を決め込みます。
DSCF7182.jpg




夕方には幾分回復。雲はあれど、本峰がくっきりと見えています。
DSC_8821.jpg








3日目。やはり安定しません。
DSC_8822.jpg




といっても明日は帰高日。



ときおり見える青空に望みを託し、決行。
DSC_8825.jpg




当初、八つ峰のどこか…という計画でしたが、天候と時間を考え、本峰近くの壁に変更となりました。
DSC_8811_04.jpg



…ちょっと位置ずれてるかも。






準備。
DSC_8830.jpg



発。
DSCF7183.jpg






壁へのアプローチの岐路となる雪渓に到着。ここから一般道から外れ、雪渓を越えていきます。
DSC_8832.jpg





…が、ここに来て雨足がひどくなり、ズブズブ。大事をとり、結局今回は中止となりました。


テンション下がる。




とはいえ、せっかくなのでとりあえず一般道で本峰山頂まで。
DSCF7190.jpg


DSCF7193.jpg




一般道名所『カニのたてばい』。
DSCF7194.jpg



オールフリーで抜けて、下がったテンションをほんの少し取り戻す。アルパインⅢ級くらい?






本峰山頂着。北側は幾分天候が良いようです。
DSC_8834.jpg




南側の視界は相変わらず…。しかし、これはこれで。ヌードばかりが美ではないよね。
DSC_8837.jpg




バリエーションルートの北方稜線。学生の時の夏合宿では、ここを越えて池の平に向かいました。
DSC_8841.jpg




『楽しむためには努力も必要』



あの頃言われた言葉は今でも深く響きます。








数十分のち、下山。結構渋滞しています。
DSCF7198.jpg










結局クライミングらしいことはできず。


できてたんじゃないか…と思う反面、しかしそれに伴うリスクに対して責任を負えるのかとも自問。


こういった場所でのクライミングの難しさでもあり醍醐味でもあると思います。




それでも旅はできました。


幕営して生活し、そこから岩を目指すというのは、やはり常にない感覚を覚えます。




楽しませていただきました。














また近いうちに。
DSC_8722.jpg


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

stoneo

Author:stoneo

南川添にできた高知初のクライミングジム「ストーンラブ」のブログへようこそ!
旭町に姉妹店もオープンしました!!


営業日・時間

月~木 14:00~22:00
土日祝 10:00~20:00

定休日 金曜日(祝日の場合は営業)


〒780-0082
高知市南川添1205
Tel/Fax 088-819-1250
※駐車場、エアコン完備。 
 こども用ウォールあり。
 未経験でも安心して始められます。

親子割、夫婦割もあり!!
お子さん向けのスクールもやっています。 ⇒ 案内


公式ホームページは>>>コチラ!



姉妹店オープンしました!!>>>ボルダリングスポット ストーンラブ






GoogleMapでみる[別窓]

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

クライミングって? (16)
料金案内 (4)
利用について (6)
駐車場について (4)
営業案内 (262)
商品紹介 (351)
試着会 (2)
本日の一本 (14)
キッズ (9)
コン〇 (13)
看板娘 (8)
NO SIGHT BUT ON SIGHT!! (28)
ワールドカップ (4)
イベント (9)
日々 (136)
JFA (9)
展示会 (8)
The Shot (14)
未分類 (22)
ダイエット (3)
ジム創り (27)

カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR