FC2ブログ

2011-09

ちょっとだけコツ

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、わかりやす過ぎるぐらいに涼しくなりましたね。


おかげでほどよい日射しでのんびりできます。
DSCF5771.jpg



2週連続の連休でしたが、気候の影響かTVの影響か、平日含め初めての方の利用が比較的多かったです。

…と言いつつ写真は普段の風景(-_-メ)
DSCF5746.jpg

DSCF5743.jpg

DSCF5755.jpg




さて、初めての方にたいてい聞かれるのが、


「やっぱり握力がいるんですか?」

「腕力ないんですけどできますかね?」

等々…。


やっぱそんなイメージなんやなぁ…(-_-;)


これは正直なところ、「はい」とも「いいえ」とも言えると思います。


初めての方にほぼ共通して見られるのが、ホールド(手がかり)を必要以上に力をこめて握りこんでいること。

そして、手だけ動かして次のホールドをとり、目いっぱい体が伸びきった後にバタバタと足を動かしていること。

こういう登り方をすれば、確かに腕力、握力はかなり必要となります。


しかし、走り方やボールの投げ方に正しいフォームがあるように、クライミングの動きにもまた正しいフォームというものがあるんですね。

そういう意味では、握力、もしくは腕力という、体の特定の部分の力のみに頼った登りは正しくないフォームということになります。


低いグレードの課題ならそういう登りでも全然問題なく登れます。

しかし、少し高いグレードの課題になると、そういう登りは全く通用しなくなってしまいます。


クライミングは全身を使うスポーツです。

IMG_1006.jpg


その中でも特徴的なのが足。

足が大事と言うと、「えっ?」と返される場合が多いですが、実際、全然登れない課題が足の置く位置、置き方次第で『!?』というぐらいに楽に登れたりする。これは登りが正しいフォームに近付いた証拠です。

まずはこういう感覚を大事にして、腕だけに頼らない登りを少しずつ身につけていくことが上達のポイント。


乱暴な言い方をすれば、クライミングは歩くことの延長です。

歩くのに足を使うのはごく自然なこと。

クライミングはその足使いが少し複雑になったものと考えてみて下さい。

タイプにもよりますが、少なくとも赤テープ課題ぐらいまではそんなに腕の力に頼らなくても登れるはずです。


そもそも必要なのが腕力だけというのなら、こんな専用のシューズを履くことの説明がつかないですよね。
DSCF5776.jpg


とりあえずひとつ。

まず手の力を少し抜いてみて、その分足に意識を向けること。

これでずいぶん変わると思います。


何回か続けてみると、全身を使うという感覚が掴め始め、またその面白さが少しずつわかり始めると思います。

もちろんヒントは都度お教えしますので。

自分より力がありそうな人が登れない課題をサクッと登っちゃうのは結構快感だったりしますよ(^.^)


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

stoneo

Author:stoneo

南川添にできた高知初のクライミングジム「ストーンラブ」のブログへようこそ!
旭町に姉妹店もオープンしました!!


営業日・時間

月~木 14:00~22:00
土日祝 10:00~20:00

定休日 金曜日(祝日の場合は営業)


〒780-0082
高知市南川添1205
Tel/Fax 088-819-1250
※駐車場、エアコン完備。 
 こども用ウォールあり。
 未経験でも安心して始められます。

親子割、夫婦割もあり!!
お子さん向けのスクールもやっています。 ⇒ 案内


公式ホームページは>>>コチラ!



姉妹店オープンしました!!>>>ボルダリングスポット ストーンラブ






GoogleMapでみる[別窓]

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

クライミングって? (16)
料金案内 (4)
利用について (6)
駐車場について (4)
営業案内 (262)
商品紹介 (351)
試着会 (2)
本日の一本 (14)
キッズ (9)
コン〇 (13)
看板娘 (8)
NO SIGHT BUT ON SIGHT!! (28)
ワールドカップ (4)
イベント (9)
日々 (136)
JFA (9)
展示会 (8)
The Shot (14)
未分類 (22)
ダイエット (3)
ジム創り (27)

カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR